エシレ西武池袋限定商品・メニューは?混雑状況や場所はどこ?

クリームを乳酸発酵させて作ることで、料理やお菓子の風味の違いを引き立てる発酵バター。

中でも有名なのは、フランス中西部のエシレ村で生産され、軽い酸味と芳醇な香りが特徴のエシレバターです。

エシレ・パティスリー オ ブールは、そんなエシレバターのお菓子専門店です。

2009年に丸の内にオープンしたエシレ・メゾン デュ ブール以来、徐々に人気が広がり、渋谷や新宿・大阪にも展開され、2021年12月、西武池袋に出店されています。

そこで、西武池袋店の限定商品やメニュー、混雑状況や場所などを調べてみました。


スポンサーリンク

目次

エシレ西武池袋限定商品・メニュー

エシレ・パティスリー オ ブールは、渋谷・新宿・横浜・名古屋の各店舗でそれぞれ異なる限定商品を出しています。

そこで、西武池袋限定の商品・メニューはどのようなものなのでしょうか?それが、ボンブ・エシレです。

やわらかいフワフワ食感のビスキュイ生地に、エシレバターをふんだんに使用し、口どけが良く香り高いクリームがボリュームたっぷり入っています。

生地のほんのりした甘さと、クリームのしっかりした甘さがちょうどよいバランスで、まさにおすすめの一品といえるでしょう。

もちろん人気の商品であるため、3個入りの1箱が税込み1,404円で、おひとり様2箱限りとなっています。

賞味期限ですが、生菓子のため、要冷蔵で購入日含めて3日間となっています。

エシレ西武池袋の混雑状況や行列に並ぶ?

限定商品であるボンブ・エシレをはじめ、サブレやマドレーヌ、フィナンシェといった人気商品を販売している、エシレ・パティスリー オ ブールの西武池袋店。

実際にどのくらい混雑しているのでしょうか?

ネット上での反応はばらつきがありますが、大体1時間は行列に並ぶと考えておいたほうが良いでしょう。

特にボンブ・エシレを購入する場合は、売り切れが気になるところ。西武池袋の開店時間は午前10時ですが、その時点ではすでに行列ができている状況で、早い人は朝の8時から並びだしているとの情報もあります。

午前中には売り切れるケースが多いため、余裕をもって並ぶのが良さそうです。

また、平日に比べて休日のほうが混雑しますので、休日にしか並べないという方は要注意ですね。

エシレ西武池袋の場所はどこ?

エシレ・パティスリー オ ブールの西武池袋店は、西武百貨店のどの場所にあるのでしょうか?

西部百貨店の食品関係のお店は、地下1階と2階に集まっています。

そのうち、お菓子が売られているのは、地下1階です。エシレ・パティスリー オ ブールは、南エリアの9番地にあり、地下1階中央の光の時計口が一番近い入り口となっています。スイーツのお店ですが、「おかず市場」側にあることに注意してください。

もし開店前に並ぶときは、この「おかず市場」入り口に並びましょう。

エシレ・パティスリー オ ブールの並び列先頭と記載されたラミネートが壁に貼ってあり、朝早くから数名が並んでいますので、比較的わかりやすいのではないでしょうか。

まとめ

2009年の日本初出店から、高い人気を集めるエシレのお菓子専門店。

エシレ・パティスリー オ ブールの西武池袋店は、その7店舗目として昨年12月にオープンして以来、行列の絶えない人気店となっています。

特に、限定商品で、高級発酵バターの代名詞であるエシレバターをふんだんに使ったボンブ・エシレを、ぜひ食べてみたいという方は多いでしょう。残念ながら、今のところ公式サイトでの通販はありませんので、価格が高くなる通販代行サイトを利用しない場合は、どうしても並ぶ必要があります。

でも、スイーツ好きなら、並ぶ価値はきっとあります。

普段なかなか池袋に行く機会のない方も、新宿や渋谷のお店では手に入りませんので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる