eteケーキの美味しくない?まずい?予約方法・購入方法は?

みなさんは「eteケーキ」といったお店を御存知でしょうか。

代々木上原にある幻のケーキ屋さんということでかなり高級なケーキ屋さんなのですが、可愛すぎるケーキということで今話題を集めています。

そしてアジアのベストレストラン50の2022年版の「アジアの最優秀女性シェフ賞」を受賞するなど世界的にも有名なものとなっており、今回は予約方法や購入方法について詳しくお伝えしていきます。

そしてケーキの口コミで美味しくない・まずいといった情報もあるので、徹底的にリサーチしていきます。

スポンサーリンク

目次

eteケーキは美味しくない?まずい?


ネットの口コミ情報などで、eteケーキが美味しくないやまずいといった情報が出回っておりますが、そんなことは一切ございません。

ケーキ自体もかなり高級感が溢れるものとなっており、お値段にもびっくりしてしまいますが、ケーキの味も想像を超える味となっています。

季節によって旬のフルーツをふんだん使用し、シャインマスカットやマンゴーなどといった高級フルーツが使われています。

マンゴーがまるでお花のような形になり食べるのがもったいなく、その新鮮さがより一層おいしさを引き立てています。

マンゴータルトはこのeteケーキの看板メニューとも言えるので、是非見た目も味も口コミ情報もみなさんにも検索していただきたいです。

eteケーキの予約方法・購入方法

ではeteケーキの予約方法についてご紹介していきます。

幻の高級ケーキということで、完全予約制となっており店舗がある訳でもなく、住所も電話番号も非公開となっています。

唯一の予約方法はネットの「OMAKASE」というサイトを利用することになるのですが、会員登録をしネットから予約をして事前決済をし、ケーキの受け取りに行くといった流れになっています。

購入方法はこちらのサイトを利用するほかなく、お取り寄せなどもすることができません。

芸能人の方も御用達のeteのケーキということなので、ネットからも簡単に予約することはできませんが、予約方法があることには違いないので是非頑張って予約完了まで勝ち取っていただきたいです。

eteケーキの値段は?

芸能人御用達の高級ケーキでもあり、幻のケーキでもあるeteケーキですが、一体どのようなお値段になっているのでしょうか。

ケーキはカットケーキではなく、大きな四角形の形をしており大きさでいうと15×15くらいの大きさなのですが、お値段はなんと15000円以上です。

確かに一般人の方ではなく芸能人の方が購入をしにくるのも分かりますよね。

ですが、値段以上の味を体験することができますし、奮発をしてでもこのeteのケーキは手に入れていただきたいです。入手困難なため、仮に手に入れることができたらSNS界などで注目されること間違いなしです。

eteケーキの通販でお取り寄せできる?

結論から言いますと、eteのケーキはお取り寄せすることができません。

お店自体も店舗を構えていませんし、受け渡しのみとなっています。

そして通販で購入することもできず、店舗もないのでお取り寄せができません。

なので購入方法は先程ご紹介した、「OMAKASE」というサイトからの予約のみとなっています。

サイトから予約のされた分しかケーキは作らず、いきなり購入することももちろんできません。

予約をする際にも、予約開始日やケーキの受け渡し時間の指定などのルールに基づくこととなっているので、予約をされる方は詳しく公式サイトなどから調べていただきたいです。遠方にお住いの方にとってお取り寄せできないのは残念ですが、何か都内に来る予定のある場合にはこのeteケーキのことを思い出していただきたいです。

eteのレストランの予約は完全紹介制

eteのケーキを食べることができるレストランが存在するというのです。

このレストランも住所・電話番号が非公開となっており完全紹介制となっています。

そしてなんと1日に1組限定で6名しか入ることができません。現在は新規での予約はできない状態です。

かなり人気のため今後の予約方法などが変更される場合もございますので、公式サイトなど細かいチェックをお願い致します。

このレストランではケーキだけでなく高級フレンチを食べることができるので、もし予約ができたという方はかなり期待することができます。

1日1組限定の極上の空間で至福の一時をお過ごしください。






紹介コード【jpeats70nov】で1000円お得
【a】Uber Eats フード注文
紹介コード【DUTQRXW】で1800円お得
Wolt 初回注文(アプリ用)
紹介コード【DUTQRXW】で1800円お得
Wolt 初回注文(Web用)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる