ミッシェルバッハのクッキーローゼは通販でお取り寄せできる?

ミッシェルバッハは、兵庫県夙川市にある洋菓子店です。

食べログのスイーツWEST百名店にも選出されたお店には、生ケーキやエクレアなどたくさんのスイーツが並び、選ぶのに迷ってしまうほど。そんなお店の一番人気が、夙川クッキーローゼです。

予約不可のため、買いたい人で朝7時には行列ができているこのクッキーローゼですが、通販でお取り寄せできるのでしょうか?公式サイト、amazon、楽天市場、yahooショッピング、メルカリといった各サイトを調べてみました。


スポンサーリンク

目次

ミッシェルバッハのクッキーローゼは通販公式サイトで買えない?

ミッシェルバッハのクッキーローゼの味は、チョコレートとバニラの2種類。生地の真ん中に、チョコレート味はミルクショコラ、バニラ味はアプリコットジャムが乗っており、クッキーのサクサク食感と合わさって、とても上品な味わいです。

1982年の創業当時から変わらぬ手作りで、完成までに3日はかかるというこの商品を求めて、今日もお店には行列が絶えません。

なかなか行列に並べない、そもそも夙川まで行けない、という場合は、ぜひ通販を利用したいですよね?そこで、ミッシェルバッハの公式サイトを調べてみると、facebookとインスタグラムが開設されています。

ですが、残念ながらいずれも通販はされておらず、公式サイトからは買えないことが判明しました。

ミッシェルバッハのamazonの価格は?

では、ミッシェルバッハのクッキーローゼを通販で買うことはできないのでしょうか?まずは、amazonで調べてみました。

すると、少数ながら検索にヒットしました。

ただし、その金額は非常に高価!店頭で買う場合は、18枚入りが1,700円ですが、amazonではなんと7,980円+送料という価格例。

特に公式サイト以外での通販は、オンラインショップを運営する側の買い物代行手数料が乗せられるため、店頭販売との価格差はどうしても発生してしまいます。とはいえ、店頭価格の約5倍という価格設定は、それだけ入手困難であることの証明ともいえ、クッキーローゼのプレミアム感が表れていますね。

ちなみに、送料無料の出品は、18枚入りが2箱で、1箱分が9,900円という価格例でした。

ミッシェルバッハの楽天の価格は?

次に、ミッシェルバッハのクッキーローゼを楽天市場で通販する場合の価格は、どのくらいなのでしょうか?

実は、楽天市場では取り扱いがされていないのです。

ミッシェルバッハ、クッキーローゼ、どのようなキーワードを入力しても、検索にヒットしません。

商品ページの作りこみに定評があり、取り扱い商品を拡充している楽天市場でも、現時点では購入できない状況ですので、クッキーローゼの人気はすごいものがありますよね・・・。

とはいえ、今後は取り扱われる可能性もあるでしょう。ミッシェルバッハ、そしてクッキーローゼのファンの皆さん、楽天カードやポイントを使って通販できる日を楽しみに、こまめに楽天市場をチェックしていきましょう!

ミッシェルバッハのyahooショッピングの価格は?

それでは、ミッシェルバッハのクッキーローゼをyahooショッピングで通販する場合は、どのくらいの価格なのでしょう?

楽天市場のようにそもそも検索できない可能性もあり、ドキドキしながら検索すると・・・ありました!ただし、amazon同様にヒット数が非常に少なく、在庫がある出品者はたったの3店。そして、さらに驚くべきはその価格です。18枚入り2箱の出品で、最低価格例はなんと24,960円!店頭価格に比べて、14倍以上ものお値段がついているのです。

まさに、一部では「幻のクッキー」と呼ばれるクッキーローゼの本領発揮といったところでしょうか・・・。

yahooショッピングの特徴であるクーポンを使っても、値引き上限がありますので、PayPayを活用すると、少しでもお得に購入できそうです。

ミッシェルバッハのメルカリの価格は?

最後に、ミッシェルバッハのクッキーローゼをメルカリで通販することはできるのでしょうか?

検索してみると、さすがメルカリ、数少ないながら、販売中の商品のみを表示させてもヒットします。

そして、これまで見てきた他の通販サイトに比べて、価格が非常に良心的!一番安い価格例で、12個入り3,550円での出品がありました。それでも店頭価格の倍はしますが、だいぶお手軽に買える範囲といえるのではないでしょうか。

なお、メルカリでの出品者からの注意事項には、賞味期限が限られることや、配送中に商品が一部割れたり、クッキーの粉砂糖が飛び散る可能性に関して記載されています。特に配送中のトラブルについては、非常にデリケートな商品のため保証されません。贈り物として注文する際は、十分気をつけましょう。

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる