【関西・大阪】ショートケーキ缶はどこに売ってる?価格・賞味期限は?

ショートケーキが缶容器で販売されてる事、ご存じでしたか?

プラスチックの透明な缶にショートケーキの断面が映るこの商品は、SNS映え必至。

その可愛らしい外観と美味しさから、今SNSを中心に大注目を集めています。

さて今回は、

  • ショートケーキ缶は大阪のどこに売ってるのか
  • ショートケーキ缶の価格や他の商品について
  • ショートケーキ缶の賞味期限

この3点について関西、特に大阪に地域を絞ってご紹介していきます。


スポンサーリンク

目次

【関西・大阪】ショートケーキ缶はどこに売ってる?自販機の場所は?

ショートケーキ缶、名前を聞いているだけでなんだかワクワクしちゃいますね。

ショートケーキ缶は、大阪のどこに売ってるのでしょうか。

2022年2月現在、残念ながら店舗でのテイクアウトは休止中との事。

その代わりに、なんと専用自販機から購入が出来ます。

公式オンラインショップでも購入出来ますが、今すぐ欲しい時には自販機で買うのがおすすめ。

自販機は大阪に2箇所設置されています。

1つ目は「心斎橋BIG STEP」。大阪の商業施設です。2つ目に設置されているのは、「心斎橋OKASHI GAKU」というショートケーキ缶を作っている場所。

では、この2箇所の自販機についてもう少し詳しくみていきましょう。

心斎橋 BIG STEPの自販機

心斎橋BIG STEPは、心斎橋駅から徒歩5分のアメリカ村にある商業施設。

ファッションからグルメ、ライブハウスまで揃っている大変便利なビルです。

ここには更に2箇所、ショートケーキ缶が販売されている自販機があります。1Fのエレベーター横と、南側A/X横の通路です。

駅チカの商業施設で、話題の商品が2箇所で買えるのは嬉しいポイントですね。

住所は、大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目6-14。

心斎橋OKASHI GAKUの自販機

次に紹介するのは、心斎橋OKASHI GAKUの自販機です。

OKASHI GAKUは、ケーキ缶を作っている場所。

こちらもまた、心斎橋の駅から近い所にあります。

先程の心斎橋BIG STEP側に駅を出たら、線路沿いに進みます。中橋筋との交差点を右に曲がれば、自販機が見えてくる筈。

周囲は全体的に黒で統一されており、おしゃれでスタイリッシュな外観です。

住所は、大阪府大阪市東心斎橋1丁目13-2。

【関西・大阪】ショートケーキ缶のメニュー・価格

では、気になるメニューと価格を順にご紹介しましょう。

大阪の自販機で購入出来るのは、ショートケーキ缶とふわ缶そしてプリン缶です。

ショートケーキ缶は、北海道産生クリームがたっぷりつまった看板商品。

人気の為、週末の夕方には売り切れてしまう事もあるのだとか。

値段は330mlサイズで1,100円。

ふわ缶には、ふわふわとしたシフォンケーキと生クリームがたっぷりつまっています。

フルーツピューレが水玉模様のように缶に映っており、可愛らしい一品です。

値段は900円。

プリン缶はこれまでと一変、缶は銀色です。

シンプルなパッケージに貼られた「OKASHI GAKU」のラベルがまたおしゃれ。

プリンには高級バニラビーンズが使用されています。

値段は500円です。

【関西・大阪】ショートケーキ缶の賞味期限

自販機での販売は、24時間されています。

早起きをしても、残業帰りでお疲れでも、購入はいつでも出来ますね。

このように大阪で手軽に購入出来るショートケーキ缶ですが、賞味期限はどうなっているのでしょうか。

生クリームと果物が使われているショートケーキ缶。

勿論、生ものです。よって日持ちはあまりせず、賞味期限は購入当日。買えたらその日のうちに、美味しいうちに食べてしまって下さい。

自販機販売なのに生ものを販売して大丈夫なのかと、心配になった方もいるかもしれません。

毎日必ず1回から2回、補充作業の為に見て下さっているそうです。

生クリームを使った生ものでも自販機で販売出来るのは、見回りがあるからこそですね。

まとめ

可愛らしい外観と味の美味しさを両立させたショートケーキ缶は、今大人気の商品。

関西でも、自販機を利用して買える事が分かりました。

2箇所に設置された自販機は、どちらも心斎橋駅から徒歩5分です。アクセスよく、手軽に手に入れる事が出来ます。

心斎橋駅を利用する機会があれば、ショートケーキ缶も手に取ってみて下さい。

きっと、おいしくて素敵な時間を過ごせる筈です。

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる