【2022年】タルティン名古屋高島屋は行列に並ぶ?売り切れ?メニューや価格は?

看板商品のストロベリータルトをはじめとして、かわいいお菓子が多く並ぶタルティンは、2018年11月に、東京池袋の東武百貨店にオープンした洋菓子店です。

タルトと、パッケージデザインにもなっているツイン(双子)からブランド名をとったというタルティン。

運営するプレジィールは、グラマシーニューヨークやオードリーといったブランドも手掛けており、そのオシャレなデザイン、かわいらしい世界観のお菓子を食べたことのある人も多いのではないでしょうか?

そんなタルティンの名古屋高島屋店は、2021年3月3日にジェイアール名古屋高島屋にオープンしました。

オープン当初から人気で、行列に並ぶ、すぐに売り切れになるといった情報も多くあります。そこで、人気店の最新の状況がどうなっているのか、調べてみました。


スポンサーリンク

目次

【2022年】タルティン名古屋高島屋は行列に並ぶ?

実は、オープンから1年がたとうとしている現在も、多くのお客さんでにぎわっており、行列ができています。

朝10時の開店当初から並ぶお客さんもいて、地下1Fのお店の周りは常に混雑しています。

洋菓子エリアの端にお店はありますが、青いスタンションが並べられていつも列ができているので、見つけやすいと言えるでしょう。

たくさん買っていくお客さんも多いことに加えて、壊れやすい繊細なお菓子ですので、店員さんが丁寧に取り扱っています。

そのため、待っている人数は10人程度でも、順番が回ってくるのに約30分かかったとの情報もあります。購入には、ぜひ余裕をもって行列覚悟で並びましょう。

【2022年】タルティン名古屋高島屋は売り切れる?

それだけ行列ができるタルティン名古屋高島屋店、せっかく並んだのに売り切れてしまうことがあると心配ですよね。

実際に、お昼ごろまでは商品があっても、夕方16時ごろになるとすでに売り切れ、というケースが多くなっています。特に欲しい商品が決まっている場合、並び始めるならやはり開店当初、少なくともお昼前からが安心と言えるでしょう。

また、バレンタインの時期は特に混雑します。名古屋高島屋では、毎年1月から2月14日にかけて「アムール・デュ・ショコラ」というイベントが開催されており、バレンタインギフトを求めて多くのお客さんでにぎわうのです。

もちろん、タルティンもお目当ての商品のひとつですので、いつもより行列が長くなり、売り切れも早まる可能性があると考えておきましょう。

【2022年】タルティン名古屋高島屋のメニューや価格は?

タルティン名古屋高島屋店には、どのようなメニューが並んでいるのでしょうか。

まずは、定番商品であるタルティンストロベリーです。4個入り756円、6個入り1,080円と少量のものがありますので、まずはお試しに買ってみるのも良いでしょう。また、ストロベリーに加えて、チョコレートにナッツがきいたタルティンチョコもありますので、お好みで選んでみてください。

ニコルは、くまのパッケージがかわいいチョコもなかです。3個入り756円ですが、季節限定商品もありますので、見かけたらぜひ買ってみてはいかがでしょうか。

ほかにも、My Favorite Thingsというミニマドレーヌ(5個入り1,296円)や、こうした商品をかわいい缶に詰め合わせたタルティンミックス丸缶(大サイズ4,536円)もあります。商品の価格帯が豊富ですので、予算に合わせて選べるのもうれしいですね。

まとめ

タルティンは、女性が大好きな、かわいらしい雰囲気満点の洋菓子店です。実店舗は日本中で4店しかなく、特に中部地方にあるのはジェイアール名古屋高島屋だけです。

そのため、オープンから一年近くたつ現在でも行列ができてしまうのは、しかたがないのかもしれませんね。

でも、一度手に入れると、パッケージだけでなくお菓子自体もかわいくて、すぐに食べてしまうのがもったいないと思うほど。おまけに、季節限定品もありますので、何度でも買ってしまうお客さんが多いのもわかる気がします。

食べてみたい方は、ぜひ売り切れになる前に、頑張って並んでみてください。きっと、並んだかいのある、幸せな体験ができると思いますよ!

【2022年最新版】タルティン(tartine)お菓子の店舗一覧

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる