タルティンはなぜ人気?まずい・美味しくない?

今話題のタルト菓子専門店「タルティン」を皆さんはご存じですか?

“タルト”と“ツイン(双子)”にちなんだブランド名のタルティンは、お店やパッケージ、ショッパーにデザインされる後ろ姿で並ぶ「タルティン姉妹」が目印です。

季節に応じて様々な変化を見せる「タルティン姉妹」とタルティン姉妹が作り出す可愛らしく美味しそうなお菓子の数々。

店舗では開店前から行列が絶えず、売り切れで買えない人も続出するというタルティンはなぜ人気なのでしょうか。

タルティンはなぜ人気なのか、その口コミや一部聞こえてくる「まずい、美味しくない」といった声について迫ってみたいと思います。


スポンサーリンク

目次

タルティンはまずい?美味しくない?

オンラインでの販売はそこまで拡大している様子はなく、タルティンのお菓子の珍しさや価値の高さがうかがえますね!

実際に各店舗では「開店前から行列ができている」「お昼頃にほとんど売り切れていた」といった情報もあり、とても人気が高いようです。

一方で、タルティンのお菓子が「まずい」「美味しくない」という口コミも聞こえてくるようです。

果たしてその噂は本当なのでしょうか?

タルティンに関してSNSを調べてみると、皆さんタルティンのお菓子をもらった喜びや買うことができた喜び、美味しかったといった内容の投稿が多く見られました。

まずい、美味しくない、といったネガティブな内容はあまり見受けられませんでした。

しかし、姉妹ブランド「オードリー」と比べると“味は微妙”といった声が一部見られました。

好みはそれぞれあるとして、行列ができるほどの注目度や周囲の口コミからも、その期待値が高くなっているのかもしれませんね。

いずれにせよ、直接的な「まずい」「おいしくない」といった声は見受けられませんでした。

タルティンはなぜ人気?人気の理由

タルティンはなぜ人気なのでしょうか。

開店前から行列ができるタルティン。

その理由は、なんといっても味も見た目も楽しめるお菓子の華やかさでしょう!

箱やパッケージ、ショッパーのデザインも魅力の一つです。

可愛らしさに加え上品さも感じるタルティンのお菓子はお土産やギフトにもぴったり。

また、タルト菓子専門店という珍しさ、店舗数が少ないことで他では買うことが出来ない希少性の高さもタルティンが人気の理由でしょう。

近くに立ち寄った際には並んででも買ってみる価値は十分にありそうですね!

タルティンの口コミ

タルティンの口コミを見ているとやはり、そのデザイン性の高さが高く評価されているようです。

SNSではお菓子と一緒にその可愛らしいパッケージも映してアップしている方が多く見られます。

口コミにはたくさんの「おいしい!」「かわいい!」の声があがっていました。

お友達や会社の同僚からもらった!といった喜びの声も!

これはお土産やプレゼントとしても候補の一つに入れておきたいですね!

若干ではありますが、大行列に並んでまでは…といった声や少し値段が高い、といったネガティブな声も上がってはいるようでした。

タルティンの人気ランキング

それでは、気になるタルティンの人気ランキングをご紹介します!

1位は「ストロベリータルティン」

クリームの中にはベリーソースが入っていてクリームの甘さとソースの甘酸っぱさが絶妙にマッチ。

不動の看板商品です。

ブランド名が商品となっている「タルティンシリーズ」はチョコも人気です。

第2位は「ニコル」

ホワイトチョコレートの蝶ネクタイがかわいらしい、クマの「ニコル」

タルトではなく最中を使ったお菓子で食感も楽しめます。

第3位は「ブーケ」

ラングドシャクッキーのサクサク食感とストロベリークリームは相性抜群。

中にはアーモンドやピスタチオといった嬉しいトッピングも!

どれもおいしそうです!

人気商品の詰め合わせ缶もあるようでますます食べてみたくなりますね。

まとめ

今回、タルティンがまずい、美味しくないと言われる裏側について人気の理由と合わせて探っていきました。

実際に口コミを見ると小さくて可愛いらしい見た目と味についても高評価をしている口コミがある一方で、可愛らしい見た目が強調されすぎてしまい、味への評価が薄れてしまっていることがわかりました。

つまり、タルティンは見た目の評価は全体として高評価であるのに対して、味について評価に関しては賛否の分かれるブランドであると言えます。

しかし、味に関しては人の好みに違いがあり、実際に食べた人にしかわからないので、これから買ってみようと考えている方は口コミなどに惑わされずに実際に食べて判断することをお勧めします。

【2022年最新版】タルティン(tartine)お菓子の店舗一覧

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる