【予約困難店】目黒鳥しきの予約方法!電話はつながらない?

暑いこの時期、ビールのお供に片手の焼き鳥が食べたくなってしまいますよね。

焼き鳥屋さんはどの店舗も賑わっているイメージがありますが、そんな中でも目黒駅か徒歩2分のところにお店を構える「鳥しき」は日本一予約がとれない焼き鳥屋さんとして有名となっています。

また口コミが4.5と誰もが認める味のためミシュランガイドにも記載されています。

そんな「鳥しき」どうしたら予約がとれるのか重要な予約方法をお伝え致します。


スポンサーリンク

目次

鳥しきの予約方法!何時から?


では「鳥しき」の予約方法ですが、お電話のみとなっています。

今はほとんどがネット予約できますがこちらは電話の一択です。

何日さきまでの予約ができるのかというと、毎月最初の営業日に2ヵ月後月末までの予約を受け付けており、何時からかというと17時から電話をかけることができます。

17時スタートの21時までの予約の受付ですが、日本一予約がとれない焼き鳥屋とだけありかなりの確率で繋がりません。繋がらないと断言してもいいです。

仮に繋がったとしても、日付指定は難しく自分の行きたい日に行ける可能性はかなり低いです。

残念ですが、これだけ有名な「鳥しき」ですので仕方ないかなという結果です。

可能性を少しでも高めるために17時にすぐに電話がかけれるよう少し前の時間帯からスタンバイしていてくださいね。

鳥しきの電話はつながらない?


先ほども少しお伝えしましたが、「鳥しき」への電話予約は全然つながりません。

これだけの人気店であり、日本一予約の取れない焼き鳥屋さんなので仕方ないですが予約が取れないことはショックですよね。

どのくらい繋がらないかというと、予約可能時間の17時から21時までの間にずっと電話をかけ続けもし仮に繋がったら奇跡といったレベルです。

4時間もの間ずっとかけ続けるのです。何百回・何前回といった回数になります。

また仮に繋がった場合でも指定する日にちが埋まってしまっていることがほとんどなので、候補日をいくつか用意していた方がいいですね。

誰もが憧れる予約のとれない「鳥しき」です。

電話が繋がった際にはこのチャンスは絶対逃さない。と必ず予約をしてくださいね。

鳥しきの予約に裏ワザやコツはない

大人気店の「鳥しき」ですが、なかなか予約が取れないとなると「電話しても無駄か。」と思ってしまう方も多いですよね。

電話が繋がらないならかけるだけ無駄かなと。そんな「鳥しき」ですが、予約の裏ワザがあるのか調べてみました。

結果的には裏ワザは残念ながらないです。アメックスのコンシェルジェからも予約ができない状況です。

やはり何度も何時間も諦めず電話をかけるしかないんですね。

ですが、予約代行ができるという情報を耳にしました。

予約代行「PLAN」といったサイトが今では料金無料であなたに変わり予約をしてくれるんです。

ラインで友達追加をしその後の登録で予約をしてくれるので、もし気になる方はライン登録をしてみてはいかがでしょうか。

鳥しきの予約に当日キャンセル狙いは?

予約の電話も繋がらず、決定的な裏技予約の方法がない大人気店「鳥しき」ですが、たまにごくたまに予約の当日キャンセルが出る場合があります。

とてもレアな状況になるので可能性としてはかなり低いですが少し期待できます。

電話が繋がった場合に希望日が埋まっていてもキャンセル待ちの状況にしておけば、その日にキャンセルが出たら予約をとることができるんです。

その時の自分のキャンセル待ちが何番目か聞いておくのも重要ポイントですね。

そして、更にレアな状況ですがキャンセル待ちの方がいない状況でその日に偶然電話が繋がったら当日予約がすることができるんです。

この状況はほんとに稀ですが、幸運の持ち主の方ならこういった場面に遭遇できるかもしれませんね。

鳥しきの弁当の予約方法

誰もが一度は訪れてみたい「鳥しき」ですがなんとテイクアウトとしてお弁当の販売もしてくれています。

お弁当ももちろん完全予約制となっておりお電話のみの受付です。

受付時間は11時から開始し、受け取り時間は17時から22時の間で店頭受け取りとなります。

お値段は2800円ととてもお値打ち価格となっていて中にはじっくりと炭火で丁寧に焼かれた焼き鳥が入っており、時間が経過してもプリっとした食感を味わうことができます。

お店で食べると平均1万円以上使ってしまうので、このお値段で「鳥しき」の味を体験できるなんて嬉しい限りですね。

行きたくてもなかなか予約が取れない時はまずはこのお弁当がらスタートしてみるのはいかがでしょうか

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる