玉製家は何時から並ぶ?待ち時間や売り切れ時間は?通販・メニューは?

大阪府大阪市千日前にある「玉製家」です。

「玉製家」は終日行列の絶えない人気店となっており待ち時間も相当なものとなっています。

そんな「玉製家」はおはぎの専門店となっておりますがすぐに食べることができるのか、テイクアウトのみなのか、通販で購入することができるのか。など気になってしまいますよね。

そして「玉製家」ですが、待ち時間短縮のため何時から並ぶことができるのか、1日の中で売り切れ時間はあるのか、など初めて行かれる方にも分かりやすく説明させて頂きます。


スポンサーリンク

目次

玉製家(ぎょくせいや)の待ち時間や売り切れ時間は?


おはぎ専門の大人気店「玉製家」ですが、相当の待ち時間や商品によっては売れ切れ時間があることを覚悟ください。

「玉製家」の営業時間は14時からとなっておりますが、なんと18時~18時半の間には売り切れてしまうそうです。

開店後4時間で完売となってしまうのはさすがの大人気店ですね。

この時間帯は平日の目安になっているので土日や今の季節の夏休みなどもっと早めの時間の売り切が想定されています。

日によっては想像がつかないと思いますので、確実に手に入れたい方は開店前から並ぶことや平日に訪れることをおすすめ致します。

土日に行かれる方はかなりの混雑を想定してお越し頂くようお願い致します。

行列になっているため3蜜にならないようくれぐれもご注意ください。

玉製家(ぎょくせいや)は何時から並ぶ?

「玉製家」の営業時間は先ほどもお伝えしましたが14時オープンとなっています。

オープンする14時少し前には土日では、約30人ほどの行列になっています。

午前中のうちから並んでいる様子はほとんど伺えませんが、13時台になると少しずつ並び始めます。では何時から並ぶことが1番いいのでしょうか。それはずばり、13時です。

平日・休日で変わって来ますが平日であれば13時頃すぐに並ぶと5番目以内に入ることができるでしょう。

「玉製家」は夫婦2人で営んでおり回転にも少し時間がかかってしまいます。なのでオープンしたあとも行列が進んで行くの少し時間がかかってしまいます。

購入しすぐに帰りたい方には早めの時間から並び確実にゲットできるようにするのがいいかもしれませんね。

玉製家(ぎょくせいや)の通販でお取り寄せできる?

結論から言いますと、残念ながら「玉製家」のメニューはお取り寄せや通販は行っておりません。

お店のその場で食べることもできず、テイクアウトのみとなっています。

おはぎはお餅や小豆を使用しているため賞味期限が短いことが理由なのかもしれませんね。

大阪市にしか店舗を構えていないため遠方の方は通販を希望かもしれませんが、できたての物を食べてほしいといった店主の気持ちもあるのではないかと。

ここで豆知識ですが「玉製家」はご自身のタッパーの持ち込みが可能みたいです。

個数が決まって販売していますが、タッパーを持ち込んだ際には自分で購入個数を決めることができるみたいです。

好きな種類を好きなだけ購入できたり、タッパーの使用で資源を節約できたり、おいしい思いが倍になりますね。

玉製家(ぎょくせいや)のメニュー

「玉製家」のメニューですが、とてもシンプルです。

粒あん、こしあん、きなこの3種類となっておりどの種類もなめらかでしっとりとしていて1個では満足できず2個3個と勝手に手が進んでしまいます。

粒あんはもち米とのバランスがとれ、すっきりとした味わいになっており1番食べやすいかと。こしあんはあんこがとてもきめ細やかになっておりしっとりとした食感が特徴的です。

きなこはもちもちのもち米にザクザクとしたきなこの食感がマッチしてきなこ好きにはたまらない一品となっております。

通販も行っていないため、なかなか食べることができない「玉製家」におはぎです。

行列をクリアしもし行かれた際には3種類とも全ての味を体験してほしいです。

玉製家(ぎょくせいや)の賞味期限

「玉製家」の賞味期限ですが、種類によって異なります。

粒あんとこしあんは翌日までとなっていますが、きなこに関しては当日中となっています。

きなこが水分を含み変色してしまうことやザクザクの食感を楽しんでもらいたいからということです。

ですが、できたての物を食べてもらいたいですし、全て当日中に食べきることをおすすめ致します。

翌日には少なくとも固くなってしまったり、もちもちの食感が味わえなくなってしまいます。

保存方法は常温保存でお願いします。冷蔵庫などに入れると一気に固くなってしまうからです。

今の季節は暑く心配なので、もし不安な方は涼しい部屋に置き上に保冷剤などを置いておくのがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる