浅草よろず茶屋444の予約方法!値段やメニュー

浅草よろず茶屋444は浅草にあるくだもの専門店です。

フルーツすぎ大塚本店などの有名店と共にマツコの知らない世界でも取り上げられていました。

お店は、築50年の倉庫を店主がリノベーションして作ったそうです。

お店の看板メニューは「氷パフェ」で、宝石のような色とりどりのくだものが魅力的です。

この記事では、浅草よろず茶屋444の予約方法、人気のメニューや値段を紹介してます。


\紹介コード【DUTQRXW】を入力で1800円お得/
Wolt 初回注文(アプリ用)
配達料金たったの50円からお届け

スポンサーリンク

目次

浅草よろず茶屋444の予約方法


浅草よろず茶屋444はとても人気で予約なしでいくのは難しいようです。

特に夏は人気メニューの「氷パフェ」を食べようと先まで予約で埋まってるんだとか。確実に予約するために予約方法をチェックしていきましょう。

予約は浅草よろず茶屋444の公式ホームページからネット予約が可能なようです。

ちなみに、予約は翌日~7日後まで可能となっています。0時になると日付が更新され、その日から1週間先までの予約が可能になります。

予約の際にはメニューを事前注文し、決済まで済ませておく必要があります。後ほど紹介するメニューと値段を参考にしてください。

浅草よろず茶屋444の予約申請方法

浅草よろず茶屋444の詳しい予約申請方法を説明していきます。

まずは席と時間帯を選びましょう。席は1~4名席となっているため、5名以上の予約はできません。

時間帯は席によって異なります。次はカレンダーから希望日を選択しましょう。

希望日を決めたらその中から好きな時間を選びます。その後、来店人数を選択してください。

最初に選んだ席数以上の人数で予約すると自動的にキャンセルになってしまうため注意しましょう。

最後に名前、連絡先、メニューを決めて予約を申請してください。

申請すると仮予約のメールが届くため、内容を確認してください。間違いがなければ予約確定のメールを送ってようやく予約が完成します。

浅草よろず茶屋444の値段、メニュー

浅草よろず茶屋444といえば、氷パフェの「まるごとめろんみるく3段」ですよね。

メロンの器に盛り付けられたかき氷の周りに丸くくり抜かれたメロンがずらりと並んでいます。

季節によって品種も変わるようなので、いろんな味を楽しめますね。

スタンダードなものは3830円ですが、静岡県産の最高級クラウンメロンを贅沢に使った「まるごとプレミアムめろんみるく」はなんと11000円もするそうです。3日以上前から要予約となっています。

他にも目を引くのは桃を贅沢に使った「プレミアム桃パフェ」です。

最高級の一桃匠を薔薇のように盛り付けた美しいパフェです。「プレミアム桃パフェ」の値段は5500円です。

浅草よろず茶屋444のメニューはどれも1500円以上ですので、値段もしっかり確認しましょう。

浅草よろず茶屋444の口コミ

浅草よろず茶屋444の口コミをチェックしてみました。

店主自らがリノベーションしたお店とあって、「プロの内装ではないため、気にする方は遠慮したほうがいいかも」という口コミがちょこちょこみられましたが「個性的な内装」「メルヘンチックな茶屋」など可愛らしい内装が人気のようです。

パフェは「見るものを圧倒する迫力」「可愛すぎて言葉にならない」など高評価でした。

値段に関しては、「勇気がいる値段だけど食べて損はない」と「妥当な値段だけど高すぎる」という両方の意見がありました。

「またいきたい」という声も多くみられたので全体的に見ると好評価でした。

一方で、全て揃ってから30分以内に退店というルールがあるため「時間が厳しい」「なんとか時間内に食べ切れた」という声もありました。

浅草よろず茶屋444の店舗情報

浅草よろず茶屋444は東武線、銀座線、都営浅草線、つくばエクスプレス線の「浅草駅」から徒歩15分ほどのところにある浅草荘マンション1階にあります。

営業時間は10:30~16:30で、ラストオーダーは15:30となっています。

定休日は基本月曜ですが変更になるときもあるため、詳しくは公式サイトをチェックしてください。

専用駐車場はないため、近隣のコインパーキングを利用しましょう。

クレジットカード等は使えないようなのでご注意ください。

また、お店はワンオーダー制で、席は注文が揃ってから30~1時間の交代制となっています。

住所:東京都台東区浅草4-4-4 浅草荘マンション1階
営業時間:10:30~16:30(L.O.15:30)
※土日祝のみ朝10:00~
定休日:基本月曜日(詳しくは公式サイトで確認)
席数:掲載なし
電話番号:03-5808-9408

スポンサーリンク







よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる