【2022年】恵那川上屋のモンブランのいつから?予約方法は?

「恵那川上屋」といったお店の名前をお聞きしたことはございますか。」

名前を初めて聞く方でも高級菓子である、栗きんとんを販売しているお店といえば分かる方も多いのではないでしょうか。

栗一筋で今の時期にはとても濃厚で美味しいモンブランは販売されており、そのモンブランについて詳しくお伝えしていきます。

季節限定商品でもあり、2022年はいつから販売なのか・予約は可能なのか・お店の待ち時間などはどのくらいなのか徹底的に調べましたので、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

目次

【2022年】恵那川上屋のモンブランの販売期間はいつからいつまで?

この投稿をInstagramで見る

🐱🍽🚗🎡(@sayumiilu2)がシェアした投稿


期間限定商品でもある恵那川上屋のモンブランは、一体いつからいつまで販売しているのでしょうか。

公式サイトにも毎年記載されているのですが、販売期間は9月上旬~1月上旬までとなっています。

その年によって日付は多少左右されますが、毎年4ヵ月の間しか販売されない超貴重なモンブランとなっています。

毎年多くの恵那川上屋ファンの方がこの4ヵ月を楽しみにしており、いつも人気のお店ですがこの期間はかなりの行列ができています。

毎年少しずつリニューアルを重ね美味しさが増し続けていますし、今話題の注文してから絞るできたてホヤホヤのモンブランを食べることができるので、是非一度この恵那川上屋に足を運んでいただきたいです。

恵那川上屋の予約方法

恵那川上屋は岐阜県内に三店舗展開されているのですが、どの店舗でも予約をすることができます。

予約方法は店頭受付かオンラインですることになっており、公式サイトから予約画面にアクセスすることができます。

店頭での予約受付は1年を通して毎日することができるのではなく、9月10日~11月27日までの土・日・祝と期間が決められています。

平日に関しては予約をすることができないのでご注意ください。

そして店頭に行かなくても、この期間の12時~15時の時間帯のみはオンライン予約が可能となっているので、お店に行かずとも順番を待つことができます。

予約をする以外にも公式サイトでは待ち時間の状況を確認することもできるので、混雑の様子の目安にもなりますし良心的ですよね。

恵那川上屋の行列の待ち時間の確認方法

では、大人気店の恵那川上屋ですがお店の待ち時間は一体どのくらいなのでしょうか。

お店は9時オープンなのですがオープン30分前には50人ほどが行列を作っていました。

そして9時のオープンには駐車場は満車になり100人ほどが並んでいます。

どの店舗でもこのような状況となっており、予約なしで店内に入るにはオープン前に並ぶことが必須になってきます。

店内は購入後にセルフで座る形になっているのでフードコートのようなイメージをしてください。

そして先程もお伝えしましたが、公式サイトから店内の待ち時間の状況を把握することができます。今どのくらいの人が待っていて、どのくらいの時間がかかるのか調べることができますので、便利なシステムをどうぞご活用くださいね。

恵那川上屋のモンブランの店舗情報

恵那川上屋 本社恵那峡店

まず一店舗目は恵那峡店です。本社ともなっており、イートインスペースの横にはお菓子の販売所があります。

落ち着いた雰囲気の店内でのんびりと栗のお菓子を堪能することができ、優雅なひとときを過ごすことができます。

住所:岐阜県恵那市大井町2632-105
営業時間:9時~6時30分
定休日:無休
電話番号:0573-20-1150

恵那川上屋 咲久舎 可児御嵩インター店

二店舗目は可児御嵩インター店です。高速道路のインターから降りてすぐの所に位置しているのでアクセスが一番しやすいです。

2016年にオープンと比較的新しいお店となっており白を基調とした明るい店内が印象的です。

住所:岐阜県可児市柿田844-1
営業時間:9時~6時30分
定休日:元旦のみ
電話番号:0574-60-0398

恵那川上屋 瑞浪店

第三店舗目は瑞浪店です。

こちらの店舗は優しい木の雰囲気を大切にした温かみのある店内となっていて、大人の雰囲気が漂っています。お店のような雰囲気ではなく、古民家のような特徴があります。

住所:岐阜県瑞浪市薬師町1-1
営業時間:9時~6時30分
定休日:元旦のみ
電話番号:0572-68-5220






紹介コード【jpeats70nov】で1000円お得
【a】Uber Eats フード注文
紹介コード【DUTQRXW】で1800円お得
Wolt 初回注文(アプリ用)
紹介コード【DUTQRXW】で1800円お得
Wolt 初回注文(Web用)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる