【大塚本店】フルーツすぎの店内・テイクアウトの予約方法

東京都豊島区にある「フルーツすぎ・大塚本店」をご存知でしょうか。

たくさんのフルーツを販売しているフルーツ専門店であり、この大塚の土地で半世紀にわたって多くの方を虜にして来ました。

今では話題のお店となっており都内に新店舗を出すなどかなりの人気ぶりです。

大塚本店でも店内にはイートインスペースがありボリュームたっぷりのパフェが食べるこができ注目を浴びています。

そんな今回はこのお店の最新の情報や気になる予約方法などを詳しくお伝えしていくので最後までお付き合いくださいね。


\紹介コード【DUTQRXW】を入力で1800円お得/
Wolt 初回注文(アプリ用)
配達料金たったの50円からお届け

スポンサーリンク

目次

フルーツすぎの予約方法


大人気店で今では予約が困難となっている「フルーツすぎ」ですが、どのような予約方法があるのでしょうか。

ネット予約のみが可能となっておりエアーリザーブから予約が可能です。

公式のインスタグラムからネット予約のページにアクセスすることができ、予約開始は5日前の12時からスタートとなります。

予約の締め切りは1日前の23時までで、みなさん予約が開始されるのをスタンバイしている様子です。

エアーリザーブのサイトを見ていただければ分かるかと思いますが、ほとんどが満席となっており予約を取ることだけでも困難な状況です。

みなさんも予約が開始される前からスマホとにらめっこをし、狭き門を是非通過していただきたいです。

フルーツすぎのテイクアウトの予約方法

大人気店で座席の予約が困難な「フルーツすぎ」ですが、なんとパフェのテイクアウトも行っているのです。

テイクアウトになっても味や鮮度が落ちることはありません。

とてもボリュームのあるパフェを思う存分楽しむことができます。

テイクアウトも予約が可能となっており前もって予約をすることでスムーズに商品を受け取ることができます。

気になる予約方法ですが、当日の12時から受け付けており電話予約のみとなっています。

座席の予約はネット予約が可能でしたが、テイクアウトに関してはお電話のみとなっているのでお間違えのないようにしてくださいね。

涼しい環境のなか、お家でのんびり食べることも今の季節にはいい楽しみ方ですよね。

フルーツすぎのテイクアウトのメニュー

では気になる「フルーツすぎ」のメニューについてご紹介していきます。

このお店は旬のフルーツを中心に販売していますので、季節によって扱っているメニューが異なります。

いちごの季節には「4種の贅沢苺パフェ」といった苺を贅沢に使い過ぎたボリューミーなパフェが大人気です。

年中味わうことができるのは、「柑橘のパフェ」です。柑橘系の果物がふんだんに使用されビタミンがたくさん取れることから女性を中心に大人気となっています。

そして今の季節には高級食材の「マンゴーパフェ」があります。お皿からこぼれ落ちそうなほどのマンゴーを使用しジューシーな食感を味わうことができます。

どの商品も贅沢な商品となっていますので是非みなさんにも味わっていただきたいです。

フルーツすぎの口コミ

大人気店の「フルーツすぎの」ですが、みなさんの口コミをここで紹介していきたいと思います。

みなさんかなりの期間待っていたのか、「やっと行けた。」「念願のフルーツすぎ。」など口コミからでも相当の時間を待っていたのかなと伺えます。

中には食べ始めの一口から最後まで実況してくれている人もいて、私たちまで食べた気分になれます。

どの口コミにもパフェの写真が投稿されており、メニュー表だけでは分からない部分まで写真を通して分かるような気がします。

写真を見ながらどの商品を注文するか参考にするのもいいですよね。

パフェだけでなく店内の様子や販売されているフルーツの写真も多くあるので、是非参考にしてみてください。

フルーツすぎの店舗情報

「フルーツすぎ」の詳しい店舗情報をお伝えして行きます。

大塚駅から182メートルの道のりなので駅で降りたあともすぐに到着できます。

支払方法は現金のみとなっていて、クレカも電子マネーも使用することができないのでご注意ください。

店内は全席禁煙となっており、駐車場はございません。

予算は2000円から3000円となっていてパフェとしては少しお高いかもしれません。

ですが、食べる価値は100%あります。今話題の大人気店ですので、是非一度お越しいただきたいです。

住所:東京都豊島区北大塚2丁目11-4 グランダエクラディーカス1階
営業時間:12時~19時(土曜日・祝日のみ11時から19時)
定休日:日曜日定休
電話番号:03-3940-1805

スポンサーリンク







よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる