シャンドール半田の予約方法!待ち時間や人気メニューは?

今回紹介するのは「シャンドール半田店」です。

みなさん桃を丸ごと1つ使った桃パフェをどこかで耳にしたことはございませんか。

テレビやSNSなどでも紹介され夏の季節は「桃パフェ」を求めて多くの人で終日賑わっております。

その大人気の「シャンドール」とはどのようなお店なのか、大人気店ですが予約を取る方法があるのかなど詳しくお伝えしていきたいと思います。

是非、みなさんも予約をとり今話題の桃パフェの味をこの夏に味わっていただきたいです。


スポンサーリンク

目次

シャンドール半田の予約方法


大人気店、「シャンドール半田店」の予約方法についてお伝えいたします。

こちらには予約なしでも訪れることができますが、予約をしないで言った場合、かなりの待ち時間が想定されます。

平日でも1~2時間。土日では季節限定メニューがある時などは3時間ほどまつことも稀ではありません。

なのでスムーズに入店できるように予約をしてからの訪問をおすすめします。

予約方法ですが電話予約・ネット予約(eaprk)がございます。電話予約の関しては7、8、9月は当日のみになっておりほとんどがネット予約で埋まってしまうため、あまり枠がありません。

なので1番はeaprkからの予約がおすすめです。

こちらのサイトからでは空き時間などが詳しく表示されているので誰でも予約可能です。

口コミなどもたくさん投稿されているのでメニューを見て楽しみにするのもいいですね。

シャンドール半田の予約は何時から?当日予約は?


先ほどもお伝えしましたが、シャンドール半田店は当日予約を取ることも可能です。

席が空いていればネットからの当日予約だったり、電話での当日受け付けが可能です。

予約は何時から可能かと言いますと、お店の営業時間内です。

定休日は月曜日・火曜日となっておりその他の曜日は10時から22時まで営業されています。

受付時間は閉店時刻の1時間前までとなっているのでお気を付けくださいね。

とても人気店なので電話予約で当日行ける可能性はとても低いです。

その前にネットからの予約で埋まってしまうからです。

どうしても電話でしかでないという方を除き、前もって行きたい日が決定すればネットから余裕の持った予約がいいかもしれませんね。

シャンドール半田の待ち時間や混み具合

予約方法の記事でもお伝えしましたが、「シャンドール半田店」では相当の待ち時間を想定してください。

平日や休日、季節限定メニューが販売されている期間などその日の混み具合にもよりますが、短くて1時間・長くて3時間ほどの待ち時間となっております。

このような時間は基本的には予約なしの方です。ですが予約をしていてもすぐに案内されるということは珍しいかもしれません。

口コミなどを見て頂くと分かると思いますが、予約してあっても席に通されたのは1時間後といった方がかなりいます。

これだけ人気店だと仕方のないことですが、屋外で待つことになり夏の季節は水分補給などできるものをご持参ください。

たくさん待ったあとに食べることのできる桃パフェはより一層おいしく感じるはずです。

シャンドール半田の桃パフェはいつからいつまで?

「シャンドロール半田店」の目玉商品であり大人気商品でもある「桃パフェ」ですが、期間限定商品となっております。

その期間は6月中旬から10月中旬です。毎年少しの日にちが前後しますが、約この4ヵ月間とお考えください。

ですが、この時期の予約は争奪戦となっています。「食べたいから今から行く。」と言った考えではなく、「この日にやっと食べれる。」と言った感覚をイメージください。

この期間の店内は、1年で1番混雑している時期です。

そしてお子様や会社の夏休みなど7月8月は多くの人で賑わっています。

桃パフェを食べたいのであれば、この時期は休日を避け平日に早い時間帯に訪れ、予約をとることをおすすめします。

シャンドール半田の人気メニュー

人気メニューはやはりなんと言っても「桃パフェ」でしょう。

桃が丸ごと1つ使われとても豪華な見た目であり、中はバニラアイスと桃のシャーべットと冷たい桃が入っていて全てにおいて豪華そのものです。

桃そのものは甘くてジューシーな桃好きにはたまらない一品となっております。

期間限定メニューでもありますが「シャンドール」といえば桃パフェと言っても過言ではありません。

この時期の店内はほとんどの方が桃パフェを目的をしているので辺り一面桃パフェで埋まっています。

お値段は1250円と少し値が張りますが、その金額分の価値は必ずあります。

ぜひ、予約がとれた際には是非この桃パフェを味わってください。

毎年この季節になると確実に食べたくなってしまう商品です。

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる