【2022年】すきやばし次郎銀座本店は予約できない?再開した?

すきやばし次郎銀座本店は、世界一有名なお寿司屋さんとなっており日本国内だけでなく世界中の方々がこちらに訪れています。

一時は予約もできない状況でしたが2022年の現在では予約が可能となっておりますので、予約方法や気になるメニューなど細かくご紹介をしていきますのでみなさんも楽しみにしていてくださいね。


\紹介コード【DUTQRXW】を入力で1800円お得/
Wolt 初回注文(アプリ用)
配達料金たったの50円からお届け

スポンサーリンク

目次

【2022年】すきやばし次郎銀座本店は予約できない?

この投稿をInstagramで見る

廣田 光司(@okapi_taoru)がシェアした投稿


世界一有名なお寿司屋さんとなっている「すきやばし次郎銀座本店」ですが、なんとミシュラン三ツ星を11年も連続で獲得しており世界中にファンがいるのです。

お店に行くまでの道のりは長く、予約ができないお店としても知られております。

芸能人や有名人も多くこのお店に訪れ、一般の方でも常連さんが多く新規の方はまず予約を取ることができません。

公式サイトや口コミでも予約がとれないとみなさん口を揃えていますが、本当に予約はできないのでしょうか。

予約を取ることがことができないのであれば、どのようにお店に行けばいいのか・行列を並ぶのかなど気になる部分が多いと思うので詳しくお伝えしていきます。

世界一有名なお寿司を一人でも多くの方に体験していただきたいです。

すきやばし次郎本店の予約方法!再開した?

予約ができないお店として有名な「すきやばし次郎本店」ですが、なんと予約が再開したといった情報も耳にしています。

一時は全く予約を受け付けていなかったのですが、2022年の現在は電話予約のみ受け付けています。

公式サイトにもしっかりと記載されていますのでみなさんご安心ください。

ですが、予約方法にも制限があり海外からお越しの方は宿泊先のホテルコンシェルジュを通してのみとの予約方法となっています。

また、電話で予約ができるからといってこのお店に行けることは確定できません。

電話はほとんど繋がらない状況で何度も何度もかけてやっと繋がったという現実です。

予約をとるだけでも一苦労ですが、諦めず年度も挑戦していただきたいです。

すきやばし次郎本店の気持ち悪い?がっかり?

大人気店の「すきやばし次郎本店」ですが、このお店に訪れた方の情報や口コミ情報で少し気になる情報があります。

噂かもしれませんが、気持ち悪いやがっかりとしたなどといった情報があり少し残念な気持ちになります。ですが、これはただの噂です。

世界一有名なお寿司屋さんがそんな訳がないのです。

やっと訪れることができた方は念願の「すきやばし次郎本店」で贅沢な味を体験でき、至福のひと時を堪能しています。

高級な味を高級な空間で味わえ、人生で最高の時間を過ごすことができるのです。

みなさんもネットやSNSなどでこのような情報を見ても気にしないでください。

このお店で体験することができるのは幸せな時間そのものです。

すきやばし次郎本店の値段・メニュー

大人気店であり予約困難の「すきやばし次郎本店」ですが、気になるメニューについてご紹介していきます。

好きなものを注文できたり、一貫一貫注文できるのかなとも思いますがここのメニューはなんとひとつのみなんです。

コース料理となっていて「本日のおまかせ」といったものになるのですが、お値段はなんと50000円以上もします。

ですがコース料理の中身はかなり豪華です。20種類以上ものお寿司を食べることができ大トロにウニにいくらに車エビと高級食材が揃っています。

一見50000円のコースともなれば高いだけに聞こえるかもしれませんが、この値段の価値は確実にあります。

そしておまかせともなっているので大将の方のこだわり抜いた食材となっています。

一生に一度は、この味を体験していただきたいです。

すきやばし次郎本店の口コミ・評判

最後にこの「すきやばし次郎本店」の口コミやみなさんからの評判をご紹介していきます。

先程もお伝えしましたが気持ち悪いやがっかりなどと言った情報に、まずいといった情報も耳にしますが全く嘘です。

どの種類もかなりのおいしさであり、ここで食べたら他のお寿司屋さんでは満足できないほどとなっています。

また脂の乗ったネタだけでなく、シャリにもこだわりがあるのです。

抜群に美味しい米酢となっており大将のこだわりを感じることができます。

みなさん念願のお店に行けたということで口コミからも興奮している姿が想像できます。

コース料理の中身についても詳しく投稿されているので、お店に行くまでにいい勉強となること間違いないでしょう。

スポンサーリンク







よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる