牛宮城は現在予約取れない?やばいくらい美味いの?メニュや場所はどこ?

宮迫博之さんとYoutuberヒカルさんの共同プロジェクトとして発表された「牛宮城」。

様々な問題点が発覚しヒカルさんが経営から撤退、宮迫さんのみで運営が決まりオープンは厳しいとまで言われた牛宮城が今年3月1日にオープンとなりました。

そこで、ここでは牛宮城の場所や、メニューや価格などに関して解説していきます。

もちろん現在予約取れないのかどうかや宮迫さんプロデュースなんてやばいくらいおいしいんでしょ?といった疑問にも答えていきます。


スポンサーリンク

目次

牛宮城は現在予約取れない?

3月1日にオープンしたばかりのピカピカな牛宮城ですが、現在予約のほどはどうなっているのでしょうか?

3月初めにオープンしたにも関わらず3月分のは全て満席という予約取れない状況です。

それもそのはずホリエモンこと堀江貴文さんやキングコング西野亮廣、江頭2:50分さんなど多くの有名人が訪れている話題沸騰中のお店だからです。

また、宮迫さんに会うことも可能といった話も挙がっています。

そんなに人気なお店ならぜひ行きたい!4月の予約はどうなの?というとまだお店側もオープンしてすぐは忙しいのと新型コロナウイルス蔓延防止の観点からなのか後日発表となっています。

確実に予約を取りたい方は1日1回はホームページを覗いたり、SNSを見るなどして情報を集めていきましょう。

牛宮城の予約方法

牛宮城の予約が満員で、もし予約するなら4月からなのはわかったかと思います。

でも、肝心の予約方法はどうすればいいのでしょう?具体的な予約方法に関してはまず、ネットで牛宮乗と検索し牛宮城のホームページ(https://gyugujo.co.jp/)にアクセスします。

サイトの右上に「焼肉牛宮城のご予約はこちら」とありますのでクリックすることで予約ページへ飛べます。

予約ページでは来店人数、日付、時間を指定して焼肉かすき焼きテーブル席かを選ぶことが出来ます。

アレルギー等がある方はご要望欄に記入することで反映することも可能です。

最後にお名前と電話番号、メールアドレスを入力し同意事項にチェックをすれば予約完了です。

牛宮城のやばいくらい美味いの?口コミ・評判

数多くの芸能人が来店している牛宮城。味のほどはどうなのでしょうか?

SNSやグルメサイトの口コミでは、「普通においしい」「とってもおいしい!」「タンやばいおいしすぎる!ぜひ1度食べてみてほしい!」といった好印象な意見が多く見られます。

それもそのはず、牛宮城のオーナーである宮迫さんは大の肉好き!こだわり抜いたお肉と美味しさを徹底した調理によって最高の1品が生まれているのです。

また、店員さんもお客様に最高のお時間を過ごしていただけるようにとても丁寧かつ素早く行動しているためお店の雰囲気も味に一役買っています。

オーナーの宮迫さん直々に接客してくれるときもあるかも?話題性が高く、批評も多いですがぜひ1度牛タンは味わっていただきたいと思います!

牛宮城のメニュー・価格

メニューでとくにおすすめのメニューと価格をピックアップしていきます。

・キムチナムル12種盛り合わせ:1980円
・宮迫博之開発!はちみつ梅の山芋キムチ:750円
・ムンさんの焼き肉用ニラキムチ:580円
・チョレギサラダ:1~2人前:980円、3~4人前:1480円
・The ユッケ:60g1700円 100g2800円
・和牛赤身刺身3種盛り合わせ:1780円
・究極の焼き野菜:2人前580円、3~4人前980円
・タレ3種盛り合わせ:1980円
・名物 極みタン塩:1人前2200円
・宮迫ハラミ<牛宮城塩タレ>:3500円
・厳選和牛サーロイン すき焼き:1枚2200円
・宮迫特選ハツ(脂付き心臓):950円
・東京エックス バラ:980円
・阿波尾鶏:780円
・おひつごはん:1合680円、2合1280円、3合1880円

これ以外にも海鮮や豆腐、豊富な種類なお酒、台湾茶など色々なメニューが比較的リーズナブルなお値段でいただけます!

牛宮城の場所はどこ?

牛宮城はいったいどんなところにあるんでしょう?駅から遠いのでしょうか?ご安心ください。

牛宮城は各線の渋谷駅から徒歩4分圏内にあります。

具体的な目印とルートを挙げると、井の頭通り沿い交番を過ぎて渋谷PARCOがあるあたりです。

他の目印としては挙げるなら渋谷センター街近くのヨシモト∞ホール近くなどになります。

バス停だと京王バス渋61西武百貨店からは徒歩2分、渋63神南一からは徒歩3分、渋61宇田川町からは徒歩3分となっています。

焼肉好きな宮迫さんがオーナーなだけに、お腹いっぱい食べた後膨れたお腹を抱えながら歩く羽目になることにならないよう渋谷の中でも最高の場所に開店してくれました。

これなら思い思いにお肉を食べれますね。

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる