【2022年】千葉かき氷人気ランキング10選|名店から天然氷まとめ

かき氷が美味しい季節がやってきました。

夏休みまであと少し、千葉県へお出かけの予定はありませんか?

今回の記事では「千葉へ行ったら食べてみたい、かき氷の人気ランキング2022年」をご紹介いたします。

濃厚なかき氷から体に優しいかき氷、天然のかき氷のお店も紹介しています。

千葉県に行く予定のある方や、美味しいかき氷を食べてみたい方は参考にしてみてください。


スポンサーリンク

目次

ランキング1位 三日月氷菓店


柏市柏、柏駅から徒歩4分ほどにある「三日月氷菓店」は日光天然氷を使った絶対かき氷が一年を通して食べられるお店です。

温度管理された氷を何度も刃の角度を調整しながら、丁寧に削って作るかき氷は、口の中に入れた瞬間にすぐ消えてしまうほど、フワフワなのですが、ほとんど触れていないことでスプーンを入れるとサクッとするのでフワサクなかき氷です。

濃厚な自家製シロップでもサッパリと食べることができます。

全品に無添加ミルクアイスクリームが入っており、どのかき氷とも相性も抜群です。

季節限定のかき氷は、フレッシュな果実をシロップにしている贅沢なかき氷です。

追いシロップもついてくるので、最後まで美味しくいただくことができます。

お店についたら、入口にあるタブレットで整理券を取ることを忘れないでください。

ランキング2位 みこや


千葉市中央区登戸にある「みこや」は、Webサイトのみの完全予約制かき氷専門店です。

なかなか予約を取ることができない大人気店「みこや」のオーナーさんは熊谷市の名店かき氷「慈げん」から独立したそうです。

一人で食べきれるのか心配になってしまうほどのボリューム満点のかき氷は、大きいだけではなく、見た目も、とても上品です。

お味はフワフワで濃厚、もはやスイーツと言っても過言ではないレベルです。

千葉県の特産品や季節の旬な果物などを使ったオリジナルメニューもあり、どれを食べても美味しいと評判です。

他にも、たくさんの種類があるので、リピーターさんが多いのも納得できます。

急なお休みや店舗情報などは、Twitterにて確認できますので気になる方は、チェックをしてみてください。

ランキング3位 甘味処 楓


千葉市稲毛区緑町にある「甘未処 楓」は本蕨餅が美味しいお店ですが、かき氷も美味しいお店でもあります。

店主さんが、脱サラ後に自分が甘いものが好きだからという理由で始めたお店です。

綿あめのような見た目の氷は、工場で自然に限りなく近い形になるように長時間凍らせた純氷を使用しています。

削るタイミングにも、こだわっていては冷蔵庫から出して表面が少しゆるむまで待ってから削るそうです。

数多くあるかき氷の中でも、おすすめの「黒蜜きなこ」のかき氷は、黒蜜とミルクを別添えにしてあるので自分の好みの分量で食べることができます。

きなこだけでも美味しいのですが、そこに手作りの自然な甘さの黒蜜が合わさることでいくらでも食べられてしまいそうです。

ランキング4位 かき氷店 ミゾレヤ


習志野市大久保にある「ミゾレヤ」はカフェとしても利用できるかき氷のお店です。

オーナーさんは柏にある名店「三日月氷菓店」で5年間働いた後、「ミゾレヤ」をオープンしました。

季節限定のかき氷のメニューは、こまめに変わるので来るたびに違う味を楽しむことができます。

氷の削り方にも、こだわりがありフワフワの中にも衣が重なるような感じを意識して作っているそうです。

天然素材で作られたシロップとの相性が良い練乳、ヨーグルト、レモンシロップの中から好きな物を一つ選んでトッピングできるので、途中から味変を楽しむことができます。

席数が少ないため、待ち時間が多少かかるようです。

暑さ対策や時間の調節をしてお出かけした方が良さそうです。

ランキング5位 茶寮 煉


市川市八幡にある「茶寮 煉」は、徹底した食材へのこだわりとその食材を丁寧に作り上げる和カフェとなっています。

自家製シロップがたっぷりかかったフワフワなかき氷を求めて来店するお客様も数多くとても人気があるお店です。

定番のかき氷も、もちろん美味しいのですが、期間限定のかき氷は、特に人気があり、旬な食材によりメニューが変わるのでインスタを確認してから、来店したほうが良いようです。

一番人気の「生もも氷」は濃厚な特製シロップと生ももの果肉がたっぷり使われているので、桃本来の味を楽しむことができます。

生ももヨーグルトとみるくエスプーマ氷もあり、一日数量限定となっていますので、絶対に食べたい方はお早めに行くことをおすすめします。

食べてしまうのが、もったいないくらい可愛らしいしろくまの顔の形をしたかき氷は、瞳は小豆、耳は白玉、鼻にはアイスが使われており、氷の中には、寒天、粒餡、旬のフルーツが入っている、とても贅沢なかき氷もあります。

ランキング6位 かき氷 はるかふぇ


匝瑳市松山にある「はるかふぇ」は旬の果物を手作りしたシロップが、とても美味しいと評判のかき氷屋さんです。

使われている黒豆と小豆は、畑から作っているというこだわり。

手作りのシロップはとても濃厚で、フワフワの氷との相性抜群です。

高く盛られた氷に、たっぷりかかったシロップは見た目も華やか。シロップがとても美味しいので大きくてもペロリと食べられます。

小さいサイズもあるので色々な味が食べたい方には、そちらがおすすめです。

とても人気があるので、待ち時間は長いようですが、順番が近くなると連絡がくるので出かけることも出来ます。

急な休みやシロップが終わり次第、閉店なのでツイッターを確認してから出かけたほうが良いです。

ランキング7位 吉岡茶房


我孫子市若松にある「吉岡茶房」は自家焙煎珈かき氷には、栃木県日光市にある蔵元「四代目徳次郎」の天然氷を使用しています。

店主も天然氷作りに参加しているそうです。

天然氷をフワリと削ったかき氷と濃厚なシロップは、全種類を制覇したくなるほどの美味しさです。もちろんハーフサイズもあります。

濃厚玉露金時(別添えミルク付き)は静岡の茶畑へ店主自らの目で見て納得した一品を使用。

農家さんから葉の部分を粉ひいてもらい味と香りが格別な極みほうじ茶(別添えミルク付き)。

自家製の黒蜜を使用した黒蜜きなこ(別添えミルク付き)など素材の全てにこだわりを感じるレベルの高いかき氷です。

ランキング8位 Cafe ロビンソン


八街市山田台にある「ロビンソン」は、かき氷が通年食べることができるお店です。

綿菓子の様なフワフワの氷にシロップと絶品と言われているエスプーマがたっぷりかかっているかき氷は、何杯でも食べられてしまう美味しさです。

千葉県ならではの落花生のエスプーマもあります。

その美味しさは、かき氷が苦手な方でも食べられたという口コミがあるほど。

高く盛られたかき氷は、真ん中が空洞になっており、上から押し崩しながら食べると中に崩れるようになっています。

定番のかき氷の他にも、限定メニューもあり、どれを食べようか迷ってしまうほど種類が豊富です。

来店するにあたって、駐車場が狭いので注意が必要です。

近くのセブンイレブンに止めて歩いて行くと、お店に入れてもらえないので気を付けましょう。

徒歩で来られる範囲の方以外は、車で来店するようにして下さい。

ランキング9位 山里のジェラテリア 山猫


大多喜町にある「山里のジェラテリア 山猫」は、粟又の滝の上にあります。

素材にこだわったジェラート屋さんなのですが、5月中旬から10月末まで(変更あり)の期間限定かき氷も美味しいと評判のお店です。

かき氷は完全予約制で営業日が決まっているので、営業カレンダーの確認をお忘れなく。

テラス席は、渓流が見えるので景色も良く涼しさを感じます。テラス席ならワンちゃんも入店OKです。

野菜のソムリエが野菜や果物の旬な美味しさにこだわって作る体に優しいかき氷は、収穫の時期によりメニューが直前にならないと決まらないというこだわり。

日々変わるメニューなので訪れるたびに新しい味に出会えるかもしれません。

新作などの情報は、インスタグラムをチェックしてみてください。

ランキング10位 好日堂


富津市金谷にある「好日堂」は、金谷の鋸山の麓にある創作かき氷屋です。

蔵元「八義」の天然氷を使用したかき氷の特製シロップは、全て野菜ソムリエchioriさんが手作りしています。
保存料や着色料を一切使っていないので体に優しいですね。

手作りの優しいシロップが染みこんだ、フワフワな天然かき氷は、口に入れるとサラッと柔らかく溶けていくので

いくらでも食べられてしまい、おかわりをしてしまいそうです。

トマトを使ったかき氷の材料だけを見るとサラダなのに、かき氷というスイーツにしてしまう発想は、野菜の良い所を知っているソムリエだからこそです。

自分が食べて納得のいく物を使って作るという、こだわりこそが、美味しいかき氷を生みだす秘訣のような気がします。

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる