【千葉】みこやかき氷の予約はネットから?予約は取れない?

まだまだ暑い日が続いておりますが、みなさん暑いこの季節にはかき氷が食べたくなりますよね。

冷たい氷で体の芯から冷やし、涼しい気分を味わいたくなってしまいます。

今回はかき氷専門店でもある千葉県の「みこや」というお店について紹介していきます。

この「みこや」はテレビなどでも数多く紹介され、あのマツコの知らない世界でも放送されていました。

完全予約制だったりと、かき氷を食べれるまでは長い道のりがあります。

少しでも多くの方に味わって頂けるように情報をお伝え致しますので、最後までお付き合いくださいね。

【2022年】千葉かき氷人気ランキング10選|名店から天然氷まとめ


\紹介コード【DUTQRXW】を入力で1800円お得/
Wolt 初回注文(アプリ用)
配達料金たったの50円からお届け

スポンサーリンク

目次

【千葉】みこやかき氷の予約はネットから?


大人気のかき氷専門店の「みこや」ですが、完全予約制となっております。

予約方法も事前のネット予約のみとなっており、店頭や電話でも予約は承っておりません。

ネット予約の方法ですがエアーリザーブといった予約専門のサイトがあり、そちらから日にちと日時の指定を行います。

希望の時間帯ですが10時から1時間刻みで希望することができます。

ネット予約の開始日は2日前の22時から開始となり今のこの夏休みの期間中や週末などはほんの1時間以内で埋まってしまいます。

店頭予約や電話での予約が用意されていないことは少し残念かもしれませんが、是非ネット予約で希望の日時を勝ち取っていただきたいです。

みこやは予約取れない?コツは?

完全予約制のかき氷専門店「みこや」ですが、ネット予約があるから大丈夫といって安心してはいけません。

このお店の難関部分は予約をとることそのものです。電話予約でしたら繋がらないかも。などといった不安があると思いますが、ネット予約なら大丈夫だろうと思っている方もいるのではないでしょうか。

ですがこの「みこや」は予約が取れないことでも有名でありネットも繋がらないといった状況が多々あります。

繋がった場合もすぐに埋まってしまっているなど。そんな時の対処法ですが、予約をとるコツは予約の開始である22時ぴったりにネットをつなげることです。

少し前からスタンバイをしぴったりにアクセスすることでスムーズに行きます。みなさん是非お試しください。

みこやは慈げんの暖簾分け

この大人気かき氷店「みこや」はなんと、かき氷で超有名な「慈げん」の暖簾分けとなっているのです。

慈げんはかき氷の聖地とも言われており、熊谷にお店を構えていて人気がありすぎるせいか会員制となっているんです。

その慈げんで修行をした店主が「自分のお店を」ということで2019年に「みこや」をオープンさせたのです。

コロナウイルスの影響やお店の営業が忙し過ぎるということで一時はお店を休業していた時期もありましたが、今では再開をし不定期での営業をされています。

公式TwitterやInstagramなどで情報が細かく発信されているので毎日チェックをするといいかもしれませんね。

慈げんに行かれたことのある方は是非食べ比べをしてみてください。

みこやのかき氷のメニュー

では気になる「みこや」のかき氷のメニューですが、随時何種類もそろっています。

壁に貼られた手書きのメニューを見ているだけで口の中が幸せな気分になり、どれにしようか迷ってしまいます。

定番メニューのいちご・メロンなどもあれば、変わり種のキャラメルナッツやマンゴーレアチーズ。

そして大人の気分を味わうことのできるラムレーズンなど見たことのないような種類が揃っています。

訪れた方はどのメニューにするか決めることができず。数名で行き違う商品を注文しシェアしているみたいですよ。

インパクトのある商品も多いのでお子様たちもその姿に興奮し、店内はいつも盛り上がりを見せています。

みこやの口コミ

今までご紹介させて頂きました「みこや」ですが、なんとグーグルでの口コミの評価が4.6と驚異の数字を誇っています。

千葉県にあるお店ですが、遠方から来ている方もかなり多く、大満足・3つも注文してしまった。

遠いけど毎年の楽しみ・などと嬉しい口コミばかりを見ることができます。

中にはかき氷の食べ始めから食べ終わりまでを実況してくれている方もいて、口コミを見ているだけでこちらも味わえた気分になります。

みなさん写真付きで投稿してくれているので、お店に行く前にどのメニューにしようかある程度決めることができるのが嬉しいですよね。

エスプーマの乗っている商品も多いので、1日でも早く食べたくなってしまうこと間違いないでしょう。

スポンサーリンク







よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる