【奈良】ほうせき箱の予約方法は?かき氷のメニューや口コミや?

奈良県の大人気かき氷店「ほうせき箱」についてご紹介させて頂きます。

こちらの店舗はSNSなどでも大変話題となっており、口コミも多く若い女性を中心に大人気となっており奈良に遊びに行った際には絶対に行きたい場所。と思っている方がおおいと思います。

そんな「ほうせき箱」について予約方法はどのような形なのか、メニューはどのくらい豊富なのか、空いている時間帯などはあるのかなど詳しく追って行きたいと思います。

初めて聞いた方も確実に行きたくなる店舗間違いなしですよ。


スポンサーリンク

目次

【奈良】ほうせき箱の予約方法は?ネットのエアリザーブから?

この投稿をInstagramで見る

@__6.6.___がシェアした投稿


大人気店「ほうせき箱」の予約方法についてお伝え致します。

予約方法が少し前から変更されたそうなので要チェックです。

以前は現地に訪れ列に並び整理券をもらわないと店内に入ることができませんでした。

ですが今は「完全web予約制」に変更されました。

ネットからエアリザーブを検索しそちらからのご予約のみとなり、店頭や電話でのご予約は承ってないそうです。

2日前の21時から予約が可能であり、人気店のためすぐに埋まってしまうことがあるので早めの計画をお願い致します。

注意点ですが1人または2人のみの予約のみ可能となっており3人以上で訪れた場合は席が離れてしまうかもしれません。

事前に店舗への確認が必要となってくると思います。

【奈良】ほうせき箱は予約なしでかき氷食べれない?

先ほどもお伝えしましたが、「ほうせき箱」は完全予約制です。

なので予約なしのお客様は残念ながらこちらの店舗に入る事ができません。

予約の方で終日賑わっており、メニューも種類によってはすぐに完売してしまうものもあります。

予約をとる事態も困難なため予約なしでは到底入ることすらできません。

お店の情報を知らず、旅行に行った際に偶然こちらを見つけることもあるかもしれません。

美味しそうな店舗ですぐに入ってしまいたくなると思います。

ですが、3蜜にならないようなお店側のしっかりとした意図もあるので残念ですがその時はすぐに断念してほしいなと思います。

その分、予約がとれたときに味わうかき氷は格別に美味しいものになると思いますよ。

【奈良】ほうせき箱のメニュー

ではみなさんが気になるメニューについてお伝え致します。

メニューの全てにインパクトがついてきます。

お皿も珍しくティーカップのような取っ手のついたカラフルな可愛らしい入れ物です。

どの氷の上にもエスプーマがたくさん乗っており、しゅわしゅわを味わえたと思ったら口の中ですぐに溶けてなくなってしまいます。面白い食感を味わえると思います。

定番のフルーツたっぷりのかき氷も多いですが、かき氷のシロップが2層になっていたり何味なんだろうと首をかしげてしまうような紫色のかき氷だったりと。

メニューを決める際にもどれにしようか迷ってしまい、きっと2つくらい注文してしまいそうな勢いです。

メニュー表も手書きでかわいらしくなっているので分かりやすいと思います。

お値段も1000円以下とお求めやすい価格となっているのでお財布にも嬉しいですよね。

【奈良】ほうせき箱の口コミ

訪れる人のみんなを幸せな気分にしてくれる「ほうせき箱」の口コミをご紹介させて頂きます。

口コミ評価はとても高く、みなさん美味しい。また行きたい。やっと行けた。など嬉しい情報ばかりでした。

みなさんよっぽど美味しかったのか口コミサイトでは写真と共に実食レポートをしてくれています。

行くことが決定したら口コミを見てどんなメニューなのか、どんな味がするのかなどわくわく感をアップさせることも楽しみの1つですよね。

きっと可愛らしいかき氷ばかりで何度も見てしまうと思います。

味だけでなく店内の雰囲気や素晴らしい店員さんの対応など、どの部分を見てもきっとあなたの5つ星をつけたくなってしまいます。

【奈良】ほうせき箱の店舗情報

では詳しくご説明させて頂きました「ほうせき箱」の店舗情報についてお伝えいたします。

住所は「奈良県奈良市餅飯殿町47」となっています。

アクセス方法はやはり交通機関の利用をおすすめ致します。

最寄り駅は「近鉄奈良駅」となっていてそちらから徒歩で行く場合所要時間は約8分となっています。距離にすると600mほどです。

タクシーで行く場合は約2分という短い時間で到着することができますが、奈良の街並みを楽しみながらのんびり歩くことがいいかもしれませんね。

歩いた先には美味しい贅沢なかき氷が待っていると思うと自然と足が前に進むこと間違いないでしょう。

定休日は木曜日となっておりますので、行かれる際は曜日の確認をお願い致します。

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる