大阪かき氷専門店人気ランキング10選|有名店・行列店を紹介

かき氷が美味しい季節になりました。

冷たくて美味しいかき氷を食べて猛暑を乗り越えていきましょう。

大阪では、それぞれの個性をいかした美味しいかき氷を食べることができるお店がいくつもあります。

そこで今回は、大阪で人気の絶品かき氷をランキング方式でご紹介いたします。

これを機に、お気に入りのかき氷を見つけてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

目次

ランキング1位 cocoo cafe

大阪市西区靱(うつぼ)本町靱公園の目の前にある「cocoo cafe」は、溢れんばかりのシロップと、フワフワな氷で作られた、かき氷が有名なお店です。

週に3日(火、木、土)の営業で完全予約制になっています。

一週間前からネット予約が可能ですが、一瞬で予約が埋まってしまうほど大人気です。

毎日変わる2種類のかき氷は、常連のお客様が増えていく中で「いつも同じ、かき氷を出すのもなんだから」というオーナーの思いから日替わりの、かき氷を提供する形になったそうです。

その日だけしか味わうことができない、かき氷なので来店したお客様のほとんどの方が2種類とも注文されるそうです。

2杯目は、小さいサイズにもできます。

カウンターからは靭公園が一望でき居心地の良さを感じることができます。

予約を取るのが難しいですが、一度は行ってみたいお店です。

ランキング2位 山口果物

空堀商店街の近くにある「FRUITGARDEN山口果物」は創業100年大正時代からの老舗の果物屋さんです。

厳選された果物をふんだんに使ったスイーツも、もちろん美味しいのですが、自家製シロップと果実をミキサーにかけて作った濃厚なソースと、フワフワな氷で作られた、かき氷が名物のお店でもあります。

そのときの旬な果物を使用しているので、どれも美味しそうなメニューばかりですが、桃のシロップが、たっぷりかかった桃のかき氷が一番人気だそうです。

大きくカットされた新鮮な果物が入っているのも果物屋さんならではです。

かき氷の一番下にはバニラアイスが入っていて、違った味わいを楽しむことができ飽きることがありません。

かき氷なのに、まるで果物をそのまま食べているような贅沢なかき氷が食べられるお店です。

ランキング3位 マツシタキッチン

大阪玉造にあるレトロ感が漂う「マツシタキッチン」は、毎年5月頃から10月末頃までの間、かき氷を提供しています。

その美味しさから、かき氷が始まるのを心待ちにしているファンも多いようです。

マツシタキッチンのかき氷は四角いシルエットが特徴でボリューム満点の大きさです。

濃厚なカカオシロップとココアパウダーが、かかっている「カカオミルク」は人気があり、四角くつまれたフワフワの氷は中までシロップがしみ込んでいて、あまりの美味しさに手がとまりません。

大きな、かき氷を食べきれるのか心配という方には、通常サイズの半分より少なめなミニサイズのかき氷もあるので心配はいりません。

店内が広くないこともあり、お客さまが多いと1~2時間待つこともありますので、少し早めに来店するなど、時間を調節してみてはいかがでしょうか。

ランキング4位 大阪浪花家

大阪市北区天五中崎通商店街(おいでやす通り)アーケード内にある「大阪浪花家」は、たい焼きが人気のお店ですが、夏になると、かき氷を目当てに行列ができるお店でもあります。

完熟した桃を一玉使用したエンジェルヒップは、大きくカットされた桃がフワフワな氷の上と下にゴロゴロしていて生姜のシロップとの相性がバツグンです。

ジューシーな桃の甘味を存分に感じることができる毎年人気があるかき氷です。

待望の新作の「ゴットヒップ」も7月から販売されていますので詳しくはInstagramをチェックしてみてください。

その他にもリーズナブルな定番メニューや期間限定もあります。

トッピングのたい焼きもなかは、とても可愛くて、かき氷の上に乗せればインスタ映えも間違いないです。

売り切れなどの情報もInstagramに掲載されているのでお出かけ前にチェックすることをオススメします。

ランキング5位 がるる氷

大阪中崎町商店街にある「がるる氷」は、吹田市にある「ガルル珈琲」の姉妹店として2016年にオープンしました。

メディアや雑誌にも多く取り上げられている、かき氷専門店です。

「ガルル珈琲」のオリジナルブレンドコーヒーをドリップして作られたコーヒーシロップが、たっぷりかかった「珈琲屋のティラミスVer.2」が一番人気となっています。

薬剤師でもあるオーナーは健康を意識した、かき氷を提供してくれたり、室内の温度も、かき氷を食べて少し涼しくなる程度に調節してあるなどかき氷だけではなく、お客様の体調にまで配慮してくれている優しいお店です。

独自の製法で氷の粗さに変化をつけて削っているので、フワフワな新食感と自家製のソースが美味しい何度でも食べたくなる、かき氷です。

ランキング6位 開元カフェ

靭公園の近くにある「開元カフェ」は今年10周年を迎えた台湾スイーツのカフェです。

ここのかき氷は、メディアでも多く取り上げられ、「かき氷本」にも掲載されるなどとても人気があるお店です。

まるで雪のようにフワフワした氷に、たっぷりとシロップがかかったかき氷は一度、食べたらまた食べたくなる美味しさ。

ヨーグルトと杏仁の2種類のエスプーマを選ぶことができ一番人気はフワッとした杏仁のエスプーマに甘酸っぱいストロベリーが相性抜群の「杏仁エスプーマ付きストロベリー」です。

二番人気の濃厚なマンゴーが使われている定番のマンゴーのかき氷も負けずと美味しいです。

人気店なので、混んでいる時は外で並ぶことがあるので時間に余裕をもって来店されると良いと思います。

ランキング7位 べつばら

西大橋にある「べつばら」は、かき氷が、大人気のお店です。

お店のコンセプトはパンとお菓子のセレクトショップとなっています。

オリジナルのかき氷は、可愛らしい丸い形をしたフワフワな氷に素材の味がいかされた甘すぎないシロップがかけられていて、とても爽やかなので2杯ぐらいは、軽くたべられてしまいます。

旬なフルーツがたっぷり使われている期間限定のメニューもあり、その季節にあった、美味しいかき氷を楽しむこともできます。

お店は、こぢんまりとしていて5、6名程で満席になってしまうため、予約制となっているので、前日に電話予約をされることをおすすめします。

お店のInstagramには、定休日以外のお休みや、新商品のメニューなども掲載されているので是非チェックしてみてください。

ランキング8位 こちかぜ

玉造にある「こちかぜ」は、4月から10月限定で、かき氷が提供しています。

かき氷の種類が非常に多く、その数は50種類にもなります。

日本橋にある日本料理の名店「藤久」で修業をした店主が作るかき氷はどれも、個性的で他では味わうことができない野菜のかき氷などを頂くことができます。

純氷を丁寧に削ったシャリシャリした氷に手作りのシロップと豊富なトッピング。

甘さ控えめで上品な味は、いくらでも食べられてしまいそうです。

季節のフルーツは、自分の好きなフルーツをのせることもができるので、自分へのご褒美として食べるのもいいですね。

古民家カフェの店内は、どこか懐かしい雰囲気で、居心地も良く全てのかき氷を食べるまで通い続けたくなるお店です。

ランキング9位 wad omotenashi cafe

南船場のオフィス街にある「wad omotenashi café」は、お洒落で素敵な手作りの器で、かき氷を提供してくれます。

店内は和を感じさせる落ち着いた雰囲気で居心地の良い空間です。

真っ白なフワフワな氷にお茶のシロップをかけていただくかき氷は、お茶専門店ならではの苦味と上品な甘味そして、なによりも香がとてもいいです。

練乳との相性も良く美味しくいただけます。

さまざまなお茶のフレーバーのシロップも味わうことができ、他のお店にはないシロップの追加ができる嬉しいサービスもあります。

かき氷を少し食べたいな。という方には、ミニ氷盛りもあるのでそちらをオーダーしてみてはいかがでしょうか。

ランキング10位 cafe12

新福島にある「cafe12」は細い路地を入った所にあり、白い壁と木のドアが目印です。

ここのかき氷は、まるでケーキのような大きさで初めて見る方はビックリされるのではないでしょうか。

エスプーマクリームの上には、ゼリーのようなものが散りばめられ大きいだけではなく、見た目がとっても可愛いのでインスタ映えは間違いありません。

上の部分はフワフワ氷、下の部分はシャリシャリ氷と違った食感が楽しめたり、中にシリアルやアイスなどを忍ばせることで

食べ飽きない工夫がされているので、大きくても最後まで、美味しくいただけます。

店主さんの気遣いで溶けてしまった氷が飲めるようにストローと体が冷えてしまった時のために白湯をいただけます。

待ち時間は、お店に行くと教えてくれます。予約時間に来店すればいいので外で待つことはありません。

スポンサーリンク





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

365日外食で美味しいものを食べるのが趣味です。

コメント

コメントする

目次
閉じる